CAD/CAMは三次元スキャンの新技術なので、モデルは20μmの精度まで得られることができます。CAD/CAMというの歯科技術は三次元スキャンのおかげで、歯科医によって供給された型から作られたモデルをスキャンできます。この技術により、かなりの時間の節約と更なる訂正を削減し、高度でオートメーション化した生産を保証します。その結果、人工装具の構造はまったく応力または多孔性も示しません。その上に、鋳物が欠けることのおかげで製品で酸化の化粧張りが出ない。
Mesaは10年以上の間CAD/CAMのミリングシステムのためのディスクを生産してきました。この間、CAD / CAMディスクは多くの異なる材料で提供され、連続的な市場の要求の変化に対応しています。
現時点ではMesaのCAD/CAMディスクは、Magnum Splendidum、Magnum Lucens及びMagnum Ceramic Coというの歯科用合金提供されています。これらは全てコバルト・クロムベース合金です。
ニッケル・クロームベース合金のディスクも、依頼に応じて提供することができます。
Mesaはまた、顧客の仕様に合わせてのディスク制作が可能ですので、弊社営業部までお問い合わせ下さい。


Technical data sheets